エクストラ・スーパータダライズは、ジェネリック医薬品と呼ばれる薬になります。

ED治療薬や早漏治療薬、違い用途に使用する医薬品にも、このジェネリック医薬品は存在します。

最近、盛り上がりを見せている個人代行輸入サイトでも、このジェネリック医薬品を多く扱っており、国内では見ることができない低価格な値段を提示しています。

もちろん、ジェネリック医薬以外の医薬品もあり、現地との交渉などをおこなうことで、あれだけの低価格を実現できていると思うのですが、やはりジェネリック医薬品の安さの影響は大きいでしょう。

なぜ、これほどまでにジェネリック医薬品と呼ばれる医薬品は安いのか、調べてみることにしました。

その為には、ジェネリック医薬品が何なのかを知る必要があります。

そもそも、ジェネリック医薬品とは、新薬の有効成分を使って作られた、いわゆるコピー薬のようです。

新薬を開発した時に認められた症状に効く有効成分を使い、効果や含有量もほとんど変わらない違う医薬品に仕上げた医薬品なのです。

 

もちろん法律に従った方法で作られていますので、違法ではありません。

 

新薬とジェネリック医薬品に違いがあるとすれば、製造工程と形状くらいでしょう。

ジェネリック医薬品を製造するときは、成分が同じでも良いが、製造過程は同じではいけません。

また、ジェネリック医薬品はもともと新薬よりも安く提供できるようにすると共に、新薬を使っていて不憫に思った所を改善し、より使いやすくするという意味合いがあります。

その為、新薬よりもすこし小さくしたり、味をつけたり、液体などに形状を変えたりしているのです。

上記からもわかる通り、ジェネリック医薬品も安さだけではないのですが、やはり魅力はその低価格な安さでしょう。

先に証明されている新薬の有効成分を利用するので、新薬と比べると開発期間がほとんど必要なく、その期間分の差が値段に表れているのです。